Happy Farm Music Festival 2012

   Home・・・    Information・・・    Artist・・・    Ticket・・・    Access・・・    Camp・Stay・・・    Shop・・・
   Time Table。。。    Map。。。    Sightseeing place。。。    Others。。。


Artist

Dachambo

   http://dachambo.com
Dachambo

日本が宇宙に誇るサイケデリックジャムバンド、もしくは快楽探求楽団。2001年結成より、
フジロックフェスや朝霧JAM、ライジングサン等のビッグフェスに常連として顔を並べながらも、
かたや車に機材を詰め込み、メンバー自ら運営運転片付けまでもこなし、
世界中を旅して回る孤高のトラヴェリンバンド。ダンスミュージックを主体としつつも、
メンバー6人の織りなす変幻自在なコズミックカオスサウンドは、その場に息づく空気
、居合わせたお客さんとのバイブレーションの 交換により、全人類をPEACE&SMILEに溢れた銀河ステーションへと導く。
今や世界中の老若男女により、法律も国境も無いユー トピア「ダチャンボ村」が各地で爆発ハッピー拡大中!!



KINGDOM☆AFROCKS

      http://kingdomafrocks.com/
KINGDOM☆AFROCKS

2006年9月、結成と共にセッションを重ねすぐにレコーディング開始。アフロビートを軸に、ジャズ、ブラジル、ラテン、ロック…様々なバックグラウンドを持った彼らの熱いエネルギーが感じれるライブは、主にダンスミュージック好きの間であっという間に口コミで広がり、様々なレーベル、イベント/音楽関係者の間で話題となる。メンバーはセネガル帰りでアブライ・ンジャイというセネガル名も持つ田中慶一(Dr)、5年間のキューバ修行から帰国したIZPON(Per)、ブラジル生まれの南條レオ(Ba)、孤高の旅人NAOITO(Per&Vo)の極太リズム隊に加え、紅一点の爆裂キーボーディスト、スミレディ(Key)、ニューオリンズ帰りで作曲にも定評のある野本大輔(Gt)からなるコード楽器コンビ、セネガル仕込みのパフォーマンスで話題のダンサー、Yussy(Dance&Chorus)、新メンバーのKid's(B.Sax)からなる超個性派揃いの8人。
2007年5月より「afrontier」「CAMPS」などの人気イベントに出演し各地で大好評を得る中、7月には結成約半年にして「FUJI ROCK FESTIVAL 07'」に出演。以後、現在までに「TOKYO JAZZ CIRCUIT 07'」、「U.F.O presents JAZZIN'」「Gilles Peterson presents WORLDWIDE SHOWCASE 2008」等に出演し無名のバンドながら堂々のステージングで観客を魅了する。2008年6月6日には待望の1stアルバム「LIVE IN AFRO CITY」も発売!さらに8月にはフェラ・クティと共にアフロビート創世記を支えた伝説のドラマー、「トニー・アレン」との共演も果たし名実ともに国内最強のアフロビートバンドとなる。 
2009年には初のスタジオ収録アナログ「イチカバチカーノ」を発表し、B面に収録されたBased on KyotoのDaichiによるREMIXと共に世界のフロアを揺らし、2011年6月15日 1stアルバム「FANFARE」をついにリリース!全国各地で話題沸騰中!

3/11に配信シングル「2 VS 98 -Loud Minority!-」をリリースし、
先日のUNITでのLITTLE TEMPOとNABOWAとのライブでも、
素晴らしいライブを披露し、注目度急上昇中のKINGDOM☆AFROCKS!!

6月20日、待望のアルバムをリリースが決定しました!
そして、6月24日には、リリースパーティも決定!



Likkle Mai  (FULL BAND STYLE)

    http://likklemai.com/ 
Likkle Mai 

Likkle Mai BAND

ヴォーカルLikkle Mai
ギター The K
ドラム 大石幸司 (Little Tempo)
ベース 河内洋祐 (Reggaelation Independance)
パーカッション 田鹿健太 (Little Tempo)
キーボード Mayumi (Stoned Rockers)


Roots reggae singer of Jah-pan.

DUBバンドDRY&HEAVYの元・女性ヴォーカル。在籍中に4枚のアルバムと1枚のリミックス・アルバムをリリース。05年、更なる飛躍を求めDRY&HEAVYを脱退しソロとして始動。

06年2月アルバム『ROOTS CANDY』をリリース。レゲエ界のトップミュージシャンで構成されたバンドによるエネルギッシュなステージングが話題に。同時にギタリストThe Kとのピースフルなアコースティックライブも敢行。異なるライブ形態を使い分けたスタイルはリクルマイの真骨頂。

07年7月、レゲエに回帰しながらも音楽的に更なる進化を遂げたセカンドアルバム『M W』を発表。その後ファン投票により決まったシングル曲『My Woman/Home,Sweet Home』を7インチでリリース。08年8月、09年11月と2度のハワイ・ツアーを行い、ハワイでの人気を確固たるものにする。

09年11月4日にリリースの全編バンドサウンドによるサードアルバム「mairation(マイレーション)」はミュージックマガジンのベストディスク2009レゲエ部門で第一位に、RIDDIM誌のSKA〜ROOTS部門でも第一位になり09年を代表するレゲエ・アルバムとなる。

この他ダブステップの重鎮Rob Simth(Smith And Mighty)から”レコード番長”須永辰緒、オーセンティック・スカバンドCool Wise Manに至るまであらゆる作品への客演も。2010年は伝説のダブエンジニアScientistとの共演、レコーディングを果たす(今秋アナログ盤でリリース予定)。更にはルーツレゲエのDJとしても第一線で活躍中、Jah ShakaやAdrian Sherwoodなどの来日公演をサポート。また「希望郷いわて文化大使」として故郷・岩手県のPRにも努める。




Spinna B-ILL  (FULL BAND STYLE)

     http://uniquechannel.web.fc2.com/
Spinna B-ILL

シンガーソングライター、パフォーマー。2002年にSpinna B-ill & the cavemansで活動を開始。2005年の解散後、Simply Redのギタリスト Kenji Jammerとの活動を経て、2007年には自身のレーベル"UNIQUE CHANNEL"を設立し、待望のフルアルバム"Re:program"をリリース。R&B、HIP HOP、ソウル、ファンク、レゲエといった幅広いフィルターを通しながらも、日本人としてのアイデンティティを大切にしたルーツミュージックを提示し続けている。
フェスからクラブまで様々なステージでマイクを持ち、ジャンルの壁を飛び越えて変幻自在のスタイルを操る。大胆で繊細、ユニーク且つエネルギッシュなパフォーマンスとリリックで魅せるSpinna B-ILLのライブは、オーディエンスの期待を裏切らない。
柔らかなファルセットに強烈なシャウト。伸びやかに歌い、リズミカルにフロウする。まさにOne&Onlyなシンガーである。
2009年9月、FILE RECORDSに拠点を移し、約2年ぶりとなるアルバム「STAND ALONE」をリリース。「こだわりのないところがこだわり」と言うB-ILLの現在(いま)を惜しみなく吐き出し、その多様なキャラクターをふんだんに盛り込んだアルバムに仕上がっている。
2009年10月からアルバムリリースツアー全国10カ所を敢行し、大盛況のうちに終了。以降も数々のイベントやフェスを始め、名古屋Blue NoteやMotion Blue YOKOHAMAなど、これまでとカラーの違うライブスペースでのパフォーマンスまで精力的に行っている。





bocca

     http://bocca.oops.jp/
bocca

よりピースな空間を手にしたいのならBoccaと時間を共有してみればよいのでは。ひとつになることで、Boccaが解き放ったメロディは宙に舞い、そしてボディ&ソウルとなる血液と化す。2010年、Big Frogのヴォーカル、Satorawberry-coughを中心に
ギターのYuh、ドラムのIto-pon、ベースの山之内匠、そしてキーボードのG-COの5人のミュージック・フリークが集った「自然体で、いい匂いのする」ライヴ・ミュージック・バンドは、メンバーそれぞれの音楽体験を通じて交わり合う感覚を大切にグルーヴして、Rock Hardに主張し合い、そして笑う笑う笑う。関東・東海を中心にオーディエンスをまいてまいて巻き込んでゆく不思議な旅はひろがり続けてどこまでもいくよ。(文責OSG)




UCND

       http://www.softribe.jp
UCND


SOFTのベーシストUCONとマルチエンジニアのKNDによる、フューチャー・エレクトリック・ジャズ・ユニット。





dUb Maffia (ダブマフイア)

      
http://www.myspace.com/dubmaffia

dUb Maffia (ダブマフィア)

Dubとインプロビゼーションが交錯し、あらゆるジャンルの融合と解体を実験的に展開するNEW DUB STYLE。
内なる宇宙との対話を音波を通して行うことを是とする。
poodlesのeno(パーカッション)と☆マーレーズ☆のサポートリズム隊であったAG(ドラム)とTK86(ベース)が中心に2009年に結成。後にMiffer(ヴォーカル)が加入、ときおり忍者FLY-Tが参戦。多くのアーティストとコラボしながらLiveを重ね、Muffのまぁ(ギター)にZaima(ドラム)CHIAKiiids RECORD(ピアニカ)を加え、現在に至る。




STRONG WILL


STRONG WILL

RYO-1...BASS
Taketo...DRUMS
JodyTenku...GUITAR
2010年頃活動を休止した雪深き山奥。長野の
experimental DUB Band tengakuのメンバーによる新たなる
Heavy experimental Band始動。





quietismo


quietismo(キエティスモ)

長野県 nico-simplyセッションでもおなじみの3人、
てらしまもとよし(dr)、鈴木徳章(bs)、小暮慎一(gt) が新たにバンドを結成。
今回のステージがお披露目となる予定。
quietismo ( = 静寂主義 ) の名の元に、どんな音が紡ぎ出されるのか、私達自身も楽しみにしています。




DJ

TOMOKI A HEART


TOMOKI A HEART

TOMOKI A HEART プロフィール
塚本朋樹 1976年長野県生まれ
1995年、作曲を始め、MetroJuiceRecordsを設立。
1996年、アイルランドのダブリンにてDJを始める。
1997年、ドイツ、フランクフルトの伝説的クラブOMENで初ライブ。これより数年、ヨーロッパ、アジアをライブ、DJツアー。Sven Vathのメインプロジェクトである、COCOONにその初期より参加。
1999年、SoundChannelRecordsにその設立より参加。
2000年、活動の拠点を生まれ故郷の長野に移し、freestyle party 色-iro-を始める。 それより現在まで、色-iro-、MixJuice、the ORIGIN、Mountain flow、verryverry、NativeSpirit、Winter of love、POST MOUNTAIN、色n'cheez、夢十夜、NEW FORM、Power to the People、 TOMOBY、NAGANOISと様々なコンセプトのイベントをクラブや野外でオーガナイズ。
2011年、human race nationのAtsushi Fujisawaと、「長野在住のアーティストへのサポートとシーン の活性化、そして、その永続的な発展」を目指しているプロジェク ト、NAGANOISを発足。イベント企画制作はすでに始まっていて、NAGANOIS NIGHT@長野ROOTS、NAGANOIS NIGHT@東京渋谷花魁や、NAGANOIS BREAK@黒姫高原コスモス畑など。レーベルとしても、レコードやCDアルバムをリリース予定。
またアーティストとしても、w-moon、MetroJuice、TOMOKI、TOMOKI A HEARTと様々な名義で、ロンドンのg recordsや、フランクフルトのi220 RecordsとGadget Records、日本国内ではSoundChannel RecordsやMetroJuiceRecordsより、多くの楽曲をリリースしてきている。リミキサーとしても、Sven VathやNXSなどのリミックスを手がけている。
2012年には、待望の1st Albumを、NAGANOISよりリリースしている。


Discography
unless, w-moon / entry plug ep / MetroJuiceRecords / 12inch (JAP/GER)
w-moon / envisionary ep / MetroJuiceRecords 12inch (JAP/GER)
w-moon / Altered Vibration ep / MetroJuiceRecords 12inch (JAP/GER)
w-moon / inspiration / MetroJuice LiveCD (JAP)
w-moon / strong nature ep / i220 12inch (GER)
w-moon / in search of floating / g 12inch (UK)
VA / Goldenage Interpretation / Gadget 12inch (GER)
TOMOKI / primind / SoundChannel 12inch (JAP)
TOMOKI A HEART / INNERVOICE / NAGANOIS CD Album (JAP)
Remix.
Sven Vath / Six in the Mix / virgin CD
NXS / P.B.S.D.R.M.X / comma 12inch,CD




Atsushi Fujisawa

      http://humanracenation.com
Atsushi Fujisawa (G.I.O.N. /Human Race Nation)

レーベル "Human Race Nation" のプロダクション・マネージメント全般を担当し、レーベルの全てのデザインを手がけるs.koshiと音楽制作・ライブユニット "G.I.O.N." 名義で、12インチ・アナログ "Our Time EP" を皮切りに、これまでに5枚アナログをドイツ等のディストリビューターを通じ、ワールドワイド・リリース(ほか国内流通のみで1枚のコンピレーションCDをリリース)

その作品には、パーティーの現場で培った信頼関係をもとに、海外からはデトロイト・テクノを代表するアーティスト集団・レーベルであるUR (Underground Resistance) のDJ 3000とDJ S2ことSantiago Salazarをはじめ、ドイツ・ベルリンを代表するベテラン・アーティストのBeroshima a.k.a. Frank Mullerや数々のレーベルから精力的なリリースを続けるRennie Foster、国内からも白石隆之、岩城健太郎、Traks Boys、Cherryboy FunctionことK.GNDYM、d.v.dとしての活動でも知られるJimanicaといった気鋭のトラック・メイカーがリミックスを提供している。



Mancheez(OKI,Juno,Takahashi)


Mancheez(OKI,Juno,Takahashi)


BBQ    http://www.backeagle.com/


SAKU




炎舞師

炎舞師・酔月 SuiRuna


photo by Kunihiko Sasaki

炎舞師・酔月

「こゝろを通じ合わせると、炎が息をし始めます。」笑顔でそう伝えるFlame Performance Artist・SuiRuna。
2004年よりtipi、そしてヒロシマの平和の火とともに各地で炎舞を開始。Fuji Rock '11の出演や、海外でのショーも多数経験。
光と闇が一体で在るように、美と醜もまた然りだと言う彼女の独自の世界観は、やすらぎと妖艶さに満ち、そのかけひきからなる神秘性をそこにいるすべての人と共有する。
観た後のこの感覚は、彼女の炎舞が僕たちの意識に語りかけることなく、無意識の領域をくすぐり、ぼくたち自身を解き放ってくれるからなのだろう。



Live Paint

二宮康範(NiNO)


   http://funput-nino-peace.blog.ocn.ne.jp/
二宮康範(NiNO)

グラフィックアーティスト
二宮康範(NiNO)
静岡県沼津市在中。
ライブペイントやイベント等のフライヤー、ロゴマーク、Tシャツグフィック等、絵を描く事を中心に活動中。
音や自然を体感して脳内に浮かんだものを筆、ペン、パソコンに関わらず具現化。
2009年HERMES銀座店でのイベントにてライブペイントで出演。
2010年FUJIROCK Field Of Heaven THC Shop前にてライブペイント。
2010年 ENDLESS SUMMER @ 茅ヶ崎サザンビーチにてライブペイント。横6mの絵を描き上げる。
2011年 moe.downXII@USA
ライブペイント。
2006年オーガニックウェアーブランド『funput』を始動。



Glass

GlassBlower KaoliSOMA

    www.sollaripple.com
ガラス屋 GlassBlower KaoliSOMA

現在長野県在住 普段使いの器を制作を中心に、ショップやカフェ・レストランなどの内装展示や、イベントの空間演出なども手掛ける。
音・光・温度を感じ、会話や空間が広がるきっかけを展開・提供しながら、自らもガラスのもつ可能性を求めて活動中



Candle

霖 〜rin〜


   http://junny.jp
霖 〜rin〜

長野市在住   
「大切なのは、自然の力を忘れないこと。そして、自然の力に近づくこと」



Film

Ranran.

    
http://www.mentaldigitalmovies.com/
〜Ranran.〜

信州長野をベースに大自然の雪山を登り、滑り、撮る。
スノーボードムービーディレクター。
数多くのスノーボードムービーをリリースする一方
信州上田のフリーフェス”UEDA JOINT”のムービーの制作も担当。
映像はもちろん、写真、執筆等、活動は多岐にわたる

2000年、ムービープロダクションmental digital moviesを立ち上げ
現在までに12本のスノーボードDVDをリリース。
2010年 mdm productionsに改名し2本のmix DVDを制作。
2007、2008年UEDA JOINT DVDを制作。
2009、2010、2011年とUEDA JOINTのムービー撮影を担当。

ブログ http://www.mentaldigitalmovies.com/blog/    http://twitter.com/mental_ranran/



Design

nacchan

   http://nico-simply.com
nacchan

デザイン(フライヤー、ポスター、デザイン全般)







Copyright (C) 2012 wa do! All Right Reserved